大阪の運転代行はアイワへ

公務員が飲酒運転で事故、基準値4倍のアルコール検出

公務員が飲酒運転で事故、基準値4倍のアルコール検出

公務員が事故、基準値4倍のアルコール検出
日本テレビ系(NNN) 10月10日(月)13時5分配信のニュースによりますと

9日夕方、北九州市で事故を起こした地方公務員の男が
酒気帯び運転の疑いで逮捕された。

9日午後5時半ごろ、
北九州市門司区の九州道下り線の門司料金所から福岡方面に
約500メートル進んだ地点で、
乗用車がガードレールに衝突した。

警察が調べたところ、車を運転していた男の呼気から
基準値の約4倍のアルコールを検出、
酒気帯び運転の疑いで現行犯逮捕した。

逮捕されたのは、福岡県行橋市西泉の行橋市職員・福島亮容疑者(44)。

福島容疑者は妻と子どもの3人で帰宅途中だった

「だいぶ前に飲んだので酒を飲んで運転したとは思っていない」と容疑を否認している。

飲酒運転事故は本人や家族の注意や意思で防止できる。

公務員が飲酒運転をし事故まで起こせば
ニュースになる。

法律で身分保障され、給料も安定している公務員が
なぜ飲酒運転事故で度々ニュースになるのか?

我々、運転代行の認定を受けている物でも
絶対に飲酒運転はしないし
事故でも起こそうものならたちまちニュースになり

生活の基盤を失うこととなる!

powered by Quick Homepage Maker 5.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional